入浴剤って効果あるの?ポイントはその選び方にあった!

      2016/06/07


入浴剤の効果は知っていますか?

正直そんなにわからない!という方も多いのではないでしょうか?

せっかく使うなら、入浴剤の効果を知りましょう!この記事で入浴剤の選び方や考え方が、きっと変わると思いますよ。

 
今回はお風呂に入浴剤を入れるときの選び方、入浴剤でどんな効果を得られるのか、皆さんにお伝えします!


Sponsored Links

効果を実感するなら選び方がポイント!

歯磨き 指

入浴剤を使うなら、やっぱり効果を実感したいですよね!

 
そのためには、何に特化した入浴剤を使うのか?

がポイントになってくるんです。

 
スキンケア効果が得られる入浴剤は、肩こりの症状をやわらげたい人には向かないということですね。

 
市販の入浴剤は、3つの種類に分けられるのを知っていますか?どの種類にするかが選ぶ時のポイントです。

商品の裏を見るとこのような表示が書いてあるはずですよ。

 

  • 医薬部外品
  • 浴用化粧品
  • 雑貨

 
入浴剤を使うなら「医薬部外品」「浴用化粧品」がおすすめなんです!

その理由はこちらです。

 
医薬部外品とは、簡単にいうと「薬ではないけど薬のような感じ」というイメージですね。

医薬部外品の商品には厳しい規制があり、あせも、冷え性、肩こり、腰痛などの症状がやわらぐ、という効果がある商品なんです。なにかしら辛い症状がある方は、こちらの医薬部外品と書かれている入浴剤を使うといいですよ。

 
浴用化粧品は他にも「入浴用化粧品」とか名称が少し変わっているものもあります。こちらにもきちんとした規制があり、その効果は主に、肌をキレイに保つ、うるおいを与える、など美肌成分などに限定されますよ。

乾燥肌が気になる、美肌効果でつるつるになりたい!という方におすすめですね。

 
雑貨というのは、お湯の色や香りを楽しむ程度という感じで、特別な肌の潤いや、痛みの緩和などの効果はありません。香りなどでリラックス効果は得られるかもしれませんね。

パッケージにも「雑貨」と書いていない商品もあります。商品に何も書いていなければ、部類は雑貨と思っていいでしょう。

 

入浴剤を買う時には、自分の症状に合う「医薬部外品」か「浴用化粧品」の商品を買いましょうね。

そうすればピンポイントで効果を実感できるはずです。

 

私は整体に行くほど肩こりがつらいのですが、毎日肩こりに効く入浴剤を使うと、次の日の状態がかなり違います。

 

ポイント

入浴剤は「医薬部外品」か「浴用化粧品」を選ぶと、自分が気になる症状に効果を実感しやすいのでおすすめです。

 
そして入浴剤は入れるだけでなく、実は効果的なお風呂の入り方をしていないと、最大の効果を得られないんですよ!

時間を気にしないと、意外と湯船に浸かっている時間は短かったりします。こちらの記事で、お風呂の効果的な入り方を説明してあるので、合わせてご覧くださいね。

お風呂の効果的な入り方は?ダイエットや辛い症状には効くの?

 

入浴剤は何種類か用意しておいて、その日の自分の気分や体調に合った入浴剤を使い分けて、継続して使うのが効果的なので、おすすめですよ。

 
効果を実感できる入浴剤の選び方がわかったところで、早速入浴剤にどんな効果があるのかをご紹介します!

 

市販の入浴剤の効果

入浴剤

入浴剤の効果って、意外と知られていなかったりするんですよね。

 
私の主人は、良い香りだし身体が温まるんでしょ?と言っていました笑

もちろんそれもありますが、他にもたくさんあるんですよ。この効果を知れば、入浴剤選びも楽しみのひとつになるかもしれません。

 
入浴剤を使うことで、種類によって6つの効果を得られるんです。

  • 温浴効果
  • 炭酸ガスや、温泉ミネラルを含んだものは血行が良くなるんです。入浴剤の成分が身体にベールを作りますので、保温効果が高まります。

    さら湯と比べると、湯上りのポカポカさが違います。

    その結果、冷えの緩和も期待できますね。

     

  • 保湿効果
  • スキンケア系の入浴剤は、肌がなめらかになったり、しっとりとする効果があります。

    背中などは手が届きにくいですが、保湿成分が入っている入浴剤なら、全身のスキンケアができますよ。乾燥する季節に良いですよね。

     
    ちなみに液体タイプの入浴剤は、ほとんどが保湿効果がメインです。

     

  • リラックス効果
  • 自分の好みの香りや色で、気分的なリラックス効果を得られます。リラックスすると副交感神経が働きますので、血行も良くなりますし、さまざまな症状の改善の手助けになりますね。

    ラベンダー、カモミール、ベルガモットの香りはリラックス効果を期待できますよ。

     

  • 血行促進効果
  • 炭酸ガス系の入浴剤成分で、血行が良くなりますよね。それにより温浴効果を得られます。

    血行促進効果でさまざまな痛みの緩和にもなるので、その結果痛みで伴ったストレスを減らすこともできますよ。

     

  • 清浄効果
  • 湯船に浸かるだけでも皮膚の汚れは落ちますが、入浴剤の成分で重曹が入っている場合には、効果が更に高まります。

     

  • 清涼効果
  • これは主に夏用の入浴剤ですが、クール系の入浴剤を使うとメントールなどの成分で、湯上りが涼しく感じられますし(実際に身体が寒くなる訳ではありません)、重曹が多く入っているものも多いので、身体がさっぱりとします。

 
女性には嬉しい効果がたくさんありますね!

ひとつの効果がいろいろな効果とつながって、良い循環になるのがわかると思います。

 
ここまで、入浴剤の効果について詳しくお話ししましたが、入浴剤を入れるときに少し気を付けたいポイントもあるので、次をみてみましょう。

 

Sponsored Links

 

気を付けることは?

入浴剤を入れる

市販の入浴剤を入れるとき、どんなことに気を付ければよいのでしょうか?

 

  • すぐに使う
  • 未開封でも何年も経過したり、開封後放置しておいた入浴剤は、品質が低下していることもあります。

    品質の低下で使えないことはないですが、何年も放置せずすぐに使うのがおすすめです。

     

  • お風呂に入れるのは1種類
  • 複数の入浴剤を同時に入れるのはやめましょう。あれもこれもといろいろと混ぜると、本来の効果が得られない可能性もあります。

    これって足りないんじゃない?と感じることもあるかもしれませんが、適量になっているので入れすぎにも注意ですよ。

     

  • 浴槽の確認
  • 大理石や木製など、一部の特殊な浴槽に入浴剤を使うと、浴槽を痛める可能性もあるので、使用しないようにしましょう。

    24時間風呂にも使えなかったりするものも多いですよ。

     

  • 残り湯で洗濯をしない
  • 残り湯でも、洗濯に使えるようになっている入浴剤がほとんどですが、つけおき、おろしたての衣類などは着色する可能性もあります。

    残り湯には雑菌も多いので、基本的には使わない方がいいですよ。

     

  • 入浴剤の注意書きを読む
  • 入浴剤の種類によっては、追い炊きで故障するものもあるので、注意書きをよく確認してくださいね。

    この故障に関しては、かなりのお金がかかります。

 

まとめ

入浴剤の効果って身体に嬉しいことばかりですよね。

湯船につかる時に入浴剤があれば、気持ち的なリラックス度は高くなると言われています。

その日の体調にぴったりな入浴剤を継続的に使うことで、効果を実感できるはずですよ。

 
すぐに上がらず、湯船にのんびり浸かって入浴剤を楽しんでくださいね!

Sponsored Links

 - 健康・美容