モアナサーフライダーのダイヤモンドオーシャンフロントに行った感想!

   


モアナサーフライダーのダイヤモンド・ウィングにあるダイヤモンドオーシャンフロントの客室。

取材でこちらのお部屋も見せて頂きましたよ♡ハネムーンや記念日で宿泊する方に人気のこのお部屋が、どんな客室だったのか感想をお伝えしたいと思います。モアナサーフライダーはタワーによって客室の雰囲気が違うので、ダイヤモンド・ウィングはどのようなテイストなのか楽しみですね。

ちなみにバニアン・ウィングのヒストリック・バニアン・オーシャンの客室も見せて頂いたので、ビューや客室の比較などこちらも合わせてご覧ください。

 


Sponsored Links

モアナサーフライダーのダイヤモンドオーシャンフロント

ダイヤモンドオーシャンフロントの客室は、ダイヤモンド・ウィングにあります。ダイヤモンド・ウィングはタワー・ウィングとは違い低層階の棟。このダイヤモンド・ウィングのファンという方も多いですね。

今回の客室は黄色く塗られている位置です。

 

11 diamond

 

お部屋に入ってみましょう。

 

1 500

 

わ!素敵!広さは約29㎡で一般的な大きさの客室なんですが…なんだか広く感じますね~♡白を基調としたクラシックな雰囲気で、こちらも居心地はとっても良いです。

少しめずらしい感じのがこちら。お部屋の窓際にチェアが置いてあって、窓を開ければオーシャンフロントの景色が広がります。この客室のラナイは、スタンディングラナイと言うんです。窓の向こうは何も遮るものがないので、抜群の景色を望めるお部屋ばかりです。

気になる窓からの景色はこちら!

 

8 500

 

写真はこのような感じで撮影しましたが、オーシャンフロントなのでもちろん海がどかんと見られますよ♡

ブルーとグリーンがとってもキレイ…!この景色も最高でした…

バスルームは少々コンパクトな感じで、こちらにもバスタブはありません。バスタブがない客室はワイキキのホテルでも結構多いので、必要ない方はかなりおすすめです。立地やビューは最高で客室も素敵なのに、時期によっては$400~宿泊可能です。

 

2 500

 

新婚旅行でモアナサーフライダーに宿泊した時が初めてのハワイだったんですが、白を基調とした素敵な客室にワイキキを望める最高の景色…今でも色あせない思い出となっています。

 

気になるアメニティ

アメニティも気になると思います。こちらです。

 

●32インチ フラットテレビ(映画チャンネル等有。有料を含む)
●高速インターネット
●セーフティー・ボックス(無料)
●エアコン
●ミニ冷蔵庫(飲み物は入っていません)
●コーヒーメーカー
●コーヒー(レギュラー、ディカフェ)
●ティーバッグ・氷桶、グラス
●アイロン&アイロン台
●ドライヤー
●TOTOウォシュレット
●バスローブ
●タオル各種
●シャンプー&コンディショナー
●ハンド&ボディローション
●バスソープ、フェイシャルソープ

希望すれば以下のアメニティも用意してくれます。

●マウスウォッシュ
●歯磨き粉&歯ブラシ
●スリッパ

 

モアナサーフライダーのヒストリック・バニアンオーシャン

さてダイヤモンドオーシャンフロントの客室をご紹介しましたが、もう少し宿泊料金を抑えたい…という方には、バニアン・ウィングのヒストリック・バニアン・オーシャンという客室は時期によって$350~宿泊ができます。

この客室カテゴリーはブルーで塗られている部分です。範囲が広いので景色も色々かもしれませんね!

 

12 historic

 

宿泊料金が少し安いここの客室は約21~30㎡で、今回見たお部屋はその中でも小さめのお部屋。

ですがタワーウィング、ダイヤモンド・ウィングとはまた違う優雅でロマンティックな客室。貴重な木材を使用したアンティーク家具が備え付けられていますし、インテリアにもこだわりを感じます。

ちょっとしたシッティング・エリアもあり、窓からの景色が最高です♡

 

4 500

 

気になるビューはこちら!あぁやっぱハワイっていいな…としみじみ思います。

 

5 500

 

ダイヤモンドヘッドやビーチ、リゾートホテルなどのバランスがとっても良いですよね♡白い窓枠も魅力的なので、この景色を更に素敵に演出してくれます。

広さや設備などにこだわりはない方におすすめです。モアナサーフライダーでは、全客室でウェスティンのヘブンリーベッドが完備されているのも良いですよね。

2部屋をコネクティングルームとしても使用できるので、もし記念日などで家族で宿泊する場合でも安心。ヒストリック・バニヤン・ルームとのコネクティングも可能ですよ!

 

気になるアメニティ

アメニティも気になると思います。こちらです。

 

●テレビ(映画チャンネル等有。有料を含む)
●高速インターネット
●セーフティー・ボックス(無料)
●エアコン
●ミニ冷蔵庫(飲み物は入っていません)
●コーヒーメーカー
●コーヒー(レギュラー、ディカフェ)
●ティーバッグ・氷桶、グラス
●アイロン&アイロン台
●ドライヤー
●バスローブ
●タオル各種
●シャンプー&コンディショナー
●ハンド&ボディローション
●バスソープ、フェイシャルソープ

希望すれば以下のアメニティも用意してくれます。

●マウスウォッシュ
●歯磨き粉&歯ブラシ
●スリッパ

 

Sponsored Links

 

おわりに

モアナサーフライダーのダイヤモンドオーシャンフロントの客室は、思ったよりも広く感じました。白を基調とした客室の居心地はなんとも言えない安心感♡スタンディングラナイですが、窓のすぐそばに可愛らしい白のチェアがあるので、ここでハワイの景色を存分に感じることができます。

モアナサーフライダーでは、ハネムーンや記念日で訪れる方がとっても多いんですが、この客室もそんな特別な時間にピッタリです♡

バニアン・ウィングにある比較的お手頃価格で宿泊できる、少し小さめのヒストリック・バニアン・オーシャンの客室も景色が最高だったので、この景色はハワイ旅行の思い出として目に焼き付くと思いました!

それぞれハネムーンや記念日でもこだわるポイントがあると思いますので、ワイキキの中心で歴史のあるホテルに宿泊したい!でも宿泊料金は抑えたい…と言う方におすすめですよ。

モアナサーフライダーのタワー・ウィングのスイートルームも取材していますので、気になる方はこちらの記事もご覧ください。

モアナサーフライダーのタワーオーシャンスイートは〇〇な客室!

客室の名前が同じでも、必ずしもビューが同じとは限らないので、予約の際にはよく確認してくださいね♡

Sponsored Links

 - ハワイ